読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙媒体で管理するとなくなりがちなのでブログで進捗などを管理することにしました
※殆どの記事は自分自身のためだけにかいています.他人に見せられるレベルには至っていません...

【ネットワーク】お勉強2

【第6回】OSI参照モデルのデータの流れ
送信元から宛先へ送るとき,運びたいものをデータ,それを入れたダンボール全体をデータユニットという.
送信処理(宛先を書いたり,ダンボールに入れたりする)の理由はデータを守ったり,運びたい場所を指定するため.つまり運びたいもの(データ)以外のものも必要.

OSI参照モデルでは上の層から順番に制御データをつけていく,最下層のレイヤ1までいくと電気信号化されて相手に送られる.
Transport層で制御データを付加し,これをセグメントという.
Network層でさらに制御データを付加しこれをパケットという.
Datalink層でさらに制御データをつけ,これをフレームという.
Physical層でビット列に変換し,電気信号に変換しケーブルに流す.
このように制御データをくっつけてデータグラムに仕上げることをカプセル化という.
データユニットはデータ,セグメント,パケット,フレームの総称.
受信側は受け取ったカプセルを剥がしていく.

3 Minutes Networking No.6