読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙媒体で管理するとなくなりがちなのでブログで進捗などを管理することにしました
※殆どの記事は自分自身のためだけにかいています.他人に見せられるレベルには至っていません...

【ネットワーク】お勉強11

【第18回】Datalink層 スイッチ
スイッチ
レイヤ2に属するスイッチを一般的にスイッチングハブという.
※ブリッジの機能はMACアドレスでフィルタリングする.
 ブリッジを通過するフレームか通過させないフレームかを判断する.
スイッチもブリッジと同様にMACアドレスによるフィルタリングを行う.
ブリッジと異なる点はマルチポートという点.
スイッチはどのポートに送るかまで判別する.
スイッチは複数のポートがあり各デバイス(MACアドレス)とそれが接続されているポートとの対応表を持っていて同時に複数のポートから受信した場合も動作する.
3 Minutes Networking No.18Figure18-02
ブリッジと同じくアドレステーブルを持つ.最初はまったく白紙の状態でフレームを受信したらその宛先とポートを覚えておく.
3 Minutes Networking No.18Figure18-03

ストアアンドフォアード
スイッチはバッファメモリを持っている.
スイッチに届いたフレームを一旦バッファに入れて接続が確認できたら通信を始める.
3 Minutes Networking No.18Figure18-04
このようにバッファリングを行う方式をストアアンドフォワード方式という.
store(貯める)してforward(送る)するという方式
現在のイーサネットでは100Mbpsと10Mbps間の通信の中継になる場合などボトルネックを防ぐために,一時的にバッファに入れておく必要がある.よってスイッチを使うことが多い.
フレームを一時記憶するための遅延時間が欠点でもある.

前二重イーサネット
前二重方式とは送信しながら受信もできる.

スイッチの利点
衝突が発生しない.
衝突ドメインを区切ることができる.
スイッチを使えばCSMA/CD(衝突を前提としたアクセス方式)を無視できる.
ストアアンドフォワード方式なので複数のデバイスが同意時に送信可能.