紙媒体で管理するとなくなりがちなのでブログで進捗などを管理することにしました
※殆どの記事は自分自身のためだけにかいています.他人に見せられるレベルには至っていません...

【ネットワーク】お勉強15

【第25回】Layer7 DHCP
自分のIPアドレスを動的に取得する場合に必要
DHCP概論
DHCP割り当てるIPアドレスを管理し,実際に割り当て作業を行うサーバー割り当ててもらうクライアントから成り立つ.
DHCPを行うサーバーをDHCPサーバーという.DHCPサーバーソフトを実行しているホストのこと.
クライアントはDHCPクライアントという.

DHCP 承前
DHCPサーバーでは管理者が事前に割り当てるアドレスの範囲を決めておく必要がある.
管理者が決めた範囲のことをIPアドレスのプールという.
管理者はIPアドレスを貸出という形で割り当てることができる.
この割当期間をリース期間という.

DHCP Message
3 Minutes Networking No.25Layer7のカプセル化される前のデータであるDHCPメッセージ
重要なところはクライアントIPアドレス, 割当IPアドレス, オプション

DHCP 割当動作
IPアドレス(ホスト部)がまだ割り当てられていないDHCPクライアントもIPアドレスを割り当てられるようなプロトコルを使うが眠いので頭に入ってこない.
省略.