読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙媒体で管理するとなくなりがちなのでブログで進捗などを管理することにしました
※殆どの記事は自分自身のためだけにかいています.他人に見せられるレベルには至っていません...

【ネットワーク】お勉強16

【第27回】 プロトコル帯域幅
通信には4つのアドレスが必要でそのアドレスの確認方法は以下である.

アドレス 取得方法
送信元のMACアドレス 既に決まっている
送信元のIPアドレス DHCP
宛先IPアドレス DNS
宛先MACアドレス ARP


【第28回】Layer3 Router
ルータによるネットワークの接続
ルータを使わない場合,同じネットワーク内にしかデータは転送できない.


【第29回】Layer3 デフォルトゲートウェイ
ブロードキャストドメイン
動的にIPアドレスを貰うときのDHCPDISCOVERなどは全てのホストに届くブロードキャスト,これをほかネットワークに送り出さにようにルータがある.
ブロードキャストが届く範囲のことをブロードキャストドメインという.
衝突ドメインはブリッジ,スイッチが区分けし, ブロードキャストドメインはルータが区分けする.

ARPとルータ
ARPで違うネットワーク上のホストのMACアドレスを知りたい時,ARPはブロードキャストなのでルータが遮ってしまう.
これを防ぐためにインターネットワークではデフォルトゲートウェイが必要となる.
デフォルトゲートウェイは他ネットワークとの接続点に位置するデバイス.

デフォルトゲートウェイ
他のネットワークへデータ転送を希望するホストは一度デフォルトゲートウェイにデータを送り他ネットワークに転送してもらう.
3 Minutes Networking No.29Figure29-03
デフォルトゲートウェイを設定しないとARPが通らないので異なるネットワーク間の通信が出来ない.
宛先のネットワークを見る方法はサブネットマスクのネットワーク部の範囲
3 Minutes Networking No.30Figure30-01
ルータの動作,サブネットマスクによる通信の流れ
3 Minutes Networking No.30Figure30-02
宛先IPアドレスが無い場合はルータは破棄する.(スイッチは全てのポートから送り出す)