紙媒体で管理するとなくなりがちなのでブログで進捗などを管理することにしました
※殆どの記事は自分自身のためだけにかいています.他人に見せられるレベルには至っていません...

【ネットワーク】お勉強18

【第40回】TCP シーケンス番号
MSS
TCP/IPではデータが長い場合は分割して送信する.
その分割するサイズがMSS.
送信は元のデータと同じ順序で送る.
この時に使うのがシーケンス番号.
データを転送する際にはシーケンス番号に送るデータの先頭番号を入れる.
確認応答を送る際には確認応答番号に次に受け取るデータの先頭番号(シーケンス番号+MSS分)を入れる.
エラーが起きたかどうかを判定するには確認応答が一定時間(RTT)帰ってこなかったことによって判定する.