紙媒体で管理するとなくなりがちなのでブログで進捗などを管理することにしました
※殆どの記事は自分自身のためだけにかいています.他人に見せられるレベルには至っていません...

WidowsのTeXworksにstyファイルを読み込む

今回はdirtreeというパッケージを入れた.
忘れないようにメモ

TeXの\usepackage{hoge}という宣言ではhoge.styというファイルを読み込んでいる.
最も簡単な方法はそのtexファイルと同じディレクトリに入れることである.
しかしそのプロジェクトのみでしか使えないため不便である.
そこでPATHの設定のようにいつでも使えるように設定した.


1. まずdirtreeファイル一覧をダウンロードする.
https://ctan.org/pkg/dirtree


2. insファイルからstyファイルを生成する

$ platex dirtree.ins


3. TeXworksのフォルダに入れる
自分の場合だとC:\w32tex\share\texmf-dist\tex\latex\0_mypackage\dirtreeというフォルダにファイル一覧を突っ込んだ.
先に読み込まれるほど優先度が高いそうなのでファイル名は0などから始めると良いらしい.

4. 環境を更新

$ mktexlsr


5. 確認

\usepackage{dirtree}

でエラーが出ないか確認

【参考】
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/tex/mod/forum/discuss.php?d=454
https://ameblo.jp/masayan24/entry-10360005851.html
http://ocg.aori.u-tokyo.ac.jp/member/daigo/comp/memo/?val=all&typ=all&nbr=0000000170