紙媒体で知識や経験を管理すると無くなりがちなのでブログで管理することにしました.
      殆どの記事は自分自身のためだけに書いているため,他人に見せる前提の内容, 文章ではありません.
      また, ブログのコメント欄を解放していたらbotからの迷惑行為を受けたため現在コメント欄は解放しておりません.

【Haskell】 whereの中でパターンマッチを用いる

initials :: String -> String -> String
initials firsname lastname = [f] ++ ". " ++ [l] ++ "."
    where (f:_) = firstname
          (l:_) = lastname

initialという関数はString型の引数を2つとる.
firstnameとlastnameをとって, whereの中でパターンマッチにより, f, l にそれぞれfirstnameとlastnameの
最初の文字がマッチングされる.
関数の出力部分で, [Char]型の連結が行われる.
([f]は[Char]型)