紙媒体で知識や経験を管理すると無くなりがちなのでブログで管理することにしました.
      殆どの記事は自分自身のためだけに書いているため,他人に見せる前提の内容, 文章ではありません.
      また, ブログのコメント欄を解放していたらbotからの迷惑行為を受けたため現在コメント欄は解放しておりません.

【Ubuntu】MeCabインストール

Ubuntu16.06LTSにMeCabとPython3用のMeCabのインストールを行った.

MeCabのインストール

1. Gitからcloneして展開する

$ git clone --depth 1 https://github.com/neologd/mecab-ipadic-neologd.git

2. mecab-ipadic-NEologdをインストールする

$ ./bin/install-mecab-ipadic-neologd -n -a

3. 実行する
自分の場合は/usr/local/lib/mecab/dic/mecab-ipadic-neologd/にあったため

$ macab -d /usr/local/lib/mecab/dic/mecab-ipadic-neologd/

4. コマンドとして設定する
いちいちパスを宣言するのは面倒なので

$ alias mecab="mecab /usr/local/lib/mecab/dic/mecab-ipadic-neologd/"
Python3でMeCabを使う

1. 辞書のPATHを設定

sudo emacs /usr/local/etc/mecabrc
;dicdir = /usr/local/lib/mecab/dic/ipadic; これを消す
dicdir = /usr/local/lib/mecab/dic/mecab-ipadic-neologd;これを追加

2. GoogleDriveからPython3用のファイルを取得
https://drive.google.com/drive/folders/0B4y35FiV1wh7fjQ5SkJETEJEYzlqcUY4WUlpZmR4dDlJMWI5ZUlXN2xZN2s2b0pqT3hMbTQ
ここからMeCab-python3.*というファイルを取得し解凍

3. インストール
先ほど解凍したところに移って

$ python setup.py build
$ python setup.py install

4. 試しに使ってみる

import MeCab
mecab = MeCab.Tagger("-Ochasen")
print(mecab.parse("今日の天気は晴れです。"))

引用:http://blueskydb.blog.jp/archives/67055421.html


【参考】
http://blueskydb.blog.jp/archives/67055421.html
http://qiita.com/mojibakeo/items/2906162edf7045899974
http://qiita.com/knknkn1162/items/8c12f42dd167aae01c02
https://github.com/neologd/mecab-ipadic-neologd
https://pypi.python.org/pypi/mecab-python3
http://toriaezu-engineer.hatenablog.com/entry/2016/08/24/234145
http://qiita.com/yuichy/items/5c8178e5cc3711386b77