読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙媒体で管理するとなくなりがちなのでブログで進捗などを管理することにしました
※殆どの記事は自分自身のためだけにかいています.他人に見せられるレベルには至っていません...

【ネットワーク】お勉強12

【第19回】レイヤ3 Network層
Network層での「ネットワーク」という意味は計算機やデバイスが相互に接続した論理的なグループ, つまり所属している場所という意味.
レイヤ2Datalink層での通信は「そのネットワーク内での相互通信」,レイヤ3Network層では「ネットワーク間の相互通信」を学ぶ.

インターネットワーク
ネットワークの思想:より小さいネットワークを構築していく.理由はトラフィック制御のため.小さい単位で外に出さなくても良いデータは外に出さないようにする.
その小さなネットワーク同士を結ぶ働きをするのがレイヤ3Network層である.

論理アドレス
MACアドレスの欠点はアドレスとその機器の場所が無関係であること.
レイヤ3の論理アドレスMACアドレスの欠点を階層型アドレッシングでカバーしている.
MACアドレスはベンダ番号と製造番号だけなので「誰?」はわかるけど「どこ?」の情報がない.論理アドレスは「どこのネットワーク?」という情報が入っている.
論理アドレスはより細かく分けることが可能で例えば電話番号で0123-456-789という電話番号ならば「市街局番0123の456の789というデバイス」というように探索できる.

ルータ
ルータは宛先への最適な経路を選択する.
宛先への距離,使用するメディアの転送速度,トラフィック量,信頼性などを考慮してより良いルートを探しだす.
経路を探すことをルーティングという.
スイッチがMACアドレスに基づいて行うのに対してルータはレイヤ3の論理アドレスに基づいてルーティングを行う.
ネットワークとネットワークを繋ぐにはルータが必要,もしハブで繋いだとしたらトラフィックの問題が出て,回線が混雑してしまう.
もし,スイッチで接続したらMACアドレスに基づいているので探索に時間がかかってしまう.
よって第3層のルータで繋ぐことに意味がある.